今話題の常備菜、作り置きに挑戦!

最近、雑誌やインターネットでもよく見かける「常備菜」や「作り置き」。忙しい晩ご飯の支度やお弁当作りをラクに時短できるという事で先週末に試してみました。今までも我が家では、「ごぼうと人参のきんぴら」や「切り干し大根の煮物」この2つは常に冷蔵庫に入っており、3〜4日かけて食べる事は定番でした。このメニューに加え、雑誌で紹介されていた「ひき肉のそぼろ」と「牛しぐれ煮」を今回作ってみました。ひき肉そぼろは醤油や砂糖で甘辛に味付けして3〜4日冷蔵保存可能との事で、アレンジで三色そぼろ丼とそぼろを使ったオムレツ、コロッケや煮物にも便利だと紹介されていました。家族は丼物が好きなので三色そぼろ丼にして頂きました。牛しぐれ煮も味付けは醤油や砂糖生姜をたっぷり加えて煮るだけ。こちらは豆腐の上に乗っけるだけのアレンジや肉豆腐が紹介されていました。今回は豆腐の上に乗せて頂きました。両方とも家族にも高評価でした。今週は4品の常備菜を作ってみましたが、これを3日程で使い回してアレンジ出来れば食費の節約にもなるし、夕飯の献立の後一品何か欲しい時のお助け食材にもなります。今回は醤油ベースの似たような味付けの常備菜になってしまいましたが、レパートリーを増やして色々な常備菜に挑戦してみたいなと思います。