血糖値が上がる生活態度

まだ学生だった頃、育ち盛りというのもあり、よくお腹が空くので、ご飯やおやつを毎日沢山食べていました。

しかしその分沢山運動もしたし、友人と遊んだので健康の事は何一つ心配していませんでした。

しかし年齢とともに運動をする機会がなくなり、社会人になると全くしなくなってしまいました。

でも、食べる事やおやつが好きなのは変わりません。

それに、社会人になってストレスを沢山感じていたので、そのストレスを知らず知らず甘いものを食べることで発散していました。

また忙しくて昼食をとる時間がないことが多く、昼食は簡単に食べれる炭水化物とおやつが多かったです。

そして夜も帰る時間がとても遅かったです。

しかし、時間が遅いにも関わらずお腹の空きには勝てずにご飯をガッツリ食べてしまいました。しかもデザート付きでした。

そんな毎日を送っていると当然健康にもよくなく、健康診断で血糖値の欄が正常範囲ギリギリになってしまっていました。

また、私の祖父が糖尿病だったので血糖値が上がっていることにショックを受けました。

なので、それからずっと血糖値を下げることが気になっているし、食事にも気をつけるようになりました。