脱毛する時間もない。余裕のある主婦になりたい。

最近、鏡を見る時間がとにかく減りました。10代の頃は、制服のポケットに小さな手鏡を入れて、
暇さえあれば鏡を見ていました。時間を自分のためだけに使え、何もしなくても綺麗な肌をもっと
どうにかならないかと見つめる毎日。「あの頃に戻りたい」と思うのは私だけでしょうか。
結婚してからは自分の時間は旦那のために、出産してからは子供のためにと使っている毎日で、ふ
と鏡を見るとシワ、シミに気づきドキッとします。しかも、まゆげボーボー、鼻毛ちょびっと見え
隠れ、よくもこの状態で外に出かけてたもんだと恥ずかしくなります。もちろん、まだ女を捨てて
はいないので、気づいたら即効ムダ毛処理にかかります。子供に知られないよう顔のムダ毛はもち
ろん、足、腕も一緒に脱毛器を行いムダ毛処理を行います。いくら自分の子供でもムダ毛処理をし
ているところを見られたくはないですよね。なので洗面所に鍵をかけて行うのですが、子供はすぐ
に気づき、「ね~、何してるの?」「なんで鍵閉めてるの?」と鍵を開けるまで諦めません。ムダ
毛処理の時間も与えてくれないのか~と怒鳴りそうになるのですが、そこは冷静に「綺麗なママに
なってるから待ってね」となだめます。独身時代に全身脱毛をしておけばよかったと後悔していま
す。私はこんな毎日ですが、綺麗な主婦はたくさんいますよね。「時間がない」は言い訳なのかも。
もう少し、余裕のある主婦になりたいです。