自宅で仕事をしていること

私は3年くらい前から在宅で仕事をしています。
当初は公務員試験受験なども考えていましたが、二人の子供を育てながら勉強して家事育児仕事とやるのは私には無理かなとも思い、方向転換することにしました。
いろいろと仕事を探しましたが、在宅でできる仕事を見つけました。
自宅にいながらパソコンさえあればできるので、本当にありがたいです。
見つけたのは日経新聞の記事です。その記事を読んで興味を持ったので、関連する本を買っていろいろ読んでみました。
私は昔からものを書く仕事がしたかったので、在宅ライター的な仕事はいいなと思いました。
クラウドソーシングというものを使えば、単発のライティングの仕事も豊富にあるので、それを始めています。
案件もいろいろあり、書いていてとても楽しいです。
そんなに報酬は高いほうではありませんが、時間にも場所にも拘束されない働き方なので、とてもぜいたくだなと思います。
稼いだお金で自分の欲しいものを買ったり、子供たちと一緒に外食したりアイスを食べたりしています。自分で稼いで自分の欲しいものを買えるのはとても嬉しいものです。
案件はかなり豊富にあるので、これからも少しずつ頑張って仕事をしていきたいと思っています。

今話題の常備菜、作り置きに挑戦!

最近、雑誌やインターネットでもよく見かける「常備菜」や「作り置き」。忙しい晩ご飯の支度やお弁当作りをラクに時短できるという事で先週末に試してみました。今までも我が家では、「ごぼうと人参のきんぴら」や「切り干し大根の煮物」この2つは常に冷蔵庫に入っており、3〜4日かけて食べる事は定番でした。このメニューに加え、雑誌で紹介されていた「ひき肉のそぼろ」と「牛しぐれ煮」を今回作ってみました。ひき肉そぼろは醤油や砂糖で甘辛に味付けして3〜4日冷蔵保存可能との事で、アレンジで三色そぼろ丼とそぼろを使ったオムレツ、コロッケや煮物にも便利だと紹介されていました。家族は丼物が好きなので三色そぼろ丼にして頂きました。牛しぐれ煮も味付けは醤油や砂糖生姜をたっぷり加えて煮るだけ。こちらは豆腐の上に乗っけるだけのアレンジや肉豆腐が紹介されていました。今回は豆腐の上に乗せて頂きました。両方とも家族にも高評価でした。今週は4品の常備菜を作ってみましたが、これを3日程で使い回してアレンジ出来れば食費の節約にもなるし、夕飯の献立の後一品何か欲しい時のお助け食材にもなります。今回は醤油ベースの似たような味付けの常備菜になってしまいましたが、レパートリーを増やして色々な常備菜に挑戦してみたいなと思います。

詰め物取れて大慌て!歯の治療は待ったなしです

ほんの一週間前のこと。

パパが帰宅後、いつものように会社で出張した人が配るお土産のお菓子をいくつか持ち帰ってきました。
たいてい子供達がすぐ食べてしまうんだけれど、この日は食べたいお菓子がなかったのか数個残ってしまったんです。
で、翌日ついこれっぽっちしまっておくのもと思った私、キャラメルっぽい包み紙の外国製のお菓子をひとつポイと口に入れ。

一口噛むと、ガリッ!と異様な食感。

異物を取り出してはみたものの、口の中の何かが変。舌で歯を触ってみたら・・・前歯の一本に大きく穴が開いてるではありませんか!
焦りまくって頭の中が混乱しながらもよく整理して考えてみた。

そう、異物と思ったのはかなり前に虫歯で治療した歯の詰め物だったんです。

困ったことに空いてしまった穴はけっこう大きい。前歯だから格好が悪い上に、これが水とかが沁みるんですよね。
しかも、詰め物が取れた歯ってとても虫歯ができやすい。
放置って厳禁なんです。

ダメもとで急きょ近くの歯医者さんに電話してみたところ、ラッキーなことに当日中に予約が取れてすっ飛んでいきました。
歯医者さん曰く、治療がきちんと終わっても10年とかの年月が経つと保険診療のものだと金属の詰め物が取れてしまうことも多いんだとか。
とりあえず応急処置をしてもらって、歯が沁みたりみっともない状態は解消されて一安心したのでした。

歯医者さんには保険のものじゃなく今度は自費診療のものを勧められましたが、うーん、費用が痛い。
金を使ったものは昔もよく見ましたが、今ではセラミックを使った白い詰め物もあるんですね。
できればセラミックにしたいけど、お財布と相談になりそうです。

脱毛する時間もない。余裕のある主婦になりたい。

最近、鏡を見る時間がとにかく減りました。10代の頃は、制服のポケットに小さな手鏡を入れて、
暇さえあれば鏡を見ていました。時間を自分のためだけに使え、何もしなくても綺麗な肌をもっと
どうにかならないかと見つめる毎日。「あの頃に戻りたい」と思うのは私だけでしょうか。
結婚してからは自分の時間は旦那のために、出産してからは子供のためにと使っている毎日で、ふ
と鏡を見るとシワ、シミに気づきドキッとします。しかも、まゆげボーボー、鼻毛ちょびっと見え
隠れ、よくもこの状態で外に出かけてたもんだと恥ずかしくなります。もちろん、まだ女を捨てて
はいないので、気づいたら即効ムダ毛処理にかかります。子供に知られないよう顔のムダ毛はもち
ろん、足、腕も一緒に脱毛器を行いムダ毛処理を行います。いくら自分の子供でもムダ毛処理をし
ているところを見られたくはないですよね。なので洗面所に鍵をかけて行うのですが、子供はすぐ
に気づき、「ね~、何してるの?」「なんで鍵閉めてるの?」と鍵を開けるまで諦めません。ムダ
毛処理の時間も与えてくれないのか~と怒鳴りそうになるのですが、そこは冷静に「綺麗なママに
なってるから待ってね」となだめます。独身時代に全身脱毛をしておけばよかったと後悔していま
す。私はこんな毎日ですが、綺麗な主婦はたくさんいますよね。「時間がない」は言い訳なのかも。
もう少し、余裕のある主婦になりたいです。

私が最近凝っている趣味について

皆さんは、今何かはまっている趣味などはありますか?私は今一ヶ月程前からとある趣味にとても凝っています。それはベランダを利用した家庭菜園です。家庭菜園といっても小さなベランダなどで色々なお花や簡単に育てられるプチトマトなどの野菜を育てる程度ですが、最近は育っていく様子を見るのが楽しみですっかり趣味になってしまいました。まだ始めて一ヶ月な為、あまり成長はしていないのですが、日に日に大きくなっている様な気がして毎日の水やりがとても楽しみなんです。特に私が楽しみにしているのはやっぱりお花ですね。成長するととても綺麗なお花をお店の方に選んで頂いたので、咲いた時の綺麗なお花を見るのがとても楽しみでたまりません。何も無くて殺風景だったベランダも今は植物でいっぱいで、ベランダにいるだけでなんだかとても癒される様な気持ちになります。咲くのがとっても楽しみなので、これからも丁寧にお世話していきたいと思っています。殺風景な庭やベランダなどがとても華やかになるので皆さんも是非家庭菜園を行なってみてはどうでしょうか。

産後太りで10キロ太ってしまいダイエットに挑戦!

出産を終えて暴飲暴食を繰り返した結果、体重は60キロ振り切ってしまっていました。痩せようにも今までダイエットをしたことが無かったのでどうすればいいかわかりませんでした。とりあえず夜のウォーキングを毎日1時間を2か月頑張りました。縄跳びを始めたころポケットに携帯電話を入れていてそれが地面に落ちてしまいそれを踏んだ拍子に足首をねん挫しました。運動ができなくなり、次はジムで水中ウォーキングをすることに。水の中だと足首に負荷がかからないだろうと思い水着を買いに行くところからスタート。試着では水着を着たまま家に帰ってしまうというハプニングもありましたが、無事水着を購入してプールに通いました。夕方は子供たちのスクールでプールが占領されるので夜の19時以降に行っています。帰りはサウナでおばさんたちの噂話に耳を傾けて家に帰ります。帰りは何か食べて帰らないようにお金は持っていきません。ジムにウォーターサーバーがあるので脱水症状で死ぬこともありません。
体重は緩やかなんですが、2か月で2キロ痩せました。カロリー制限もしてるつもりだったんですが、手帳を見てみると焼き肉店に月2回通っていました(泣)
もっと暴飲暴食を控えたらもう少し痩せられたと思います。また新たなダイエット法が見つかったら試してみようと思います。

血糖値が上がる生活態度

まだ学生だった頃、育ち盛りというのもあり、よくお腹が空くので、ご飯やおやつを毎日沢山食べていました。

しかしその分沢山運動もしたし、友人と遊んだので健康の事は何一つ心配していませんでした。

しかし年齢とともに運動をする機会がなくなり、社会人になると全くしなくなってしまいました。

でも、食べる事やおやつが好きなのは変わりません。

それに、社会人になってストレスを沢山感じていたので、そのストレスを知らず知らず甘いものを食べることで発散していました。

また忙しくて昼食をとる時間がないことが多く、昼食は簡単に食べれる炭水化物とおやつが多かったです。

そして夜も帰る時間がとても遅かったです。

しかし、時間が遅いにも関わらずお腹の空きには勝てずにご飯をガッツリ食べてしまいました。しかもデザート付きでした。

そんな毎日を送っていると当然健康にもよくなく、健康診断で血糖値の欄が正常範囲ギリギリになってしまっていました。

また、私の祖父が糖尿病だったので血糖値が上がっていることにショックを受けました。

なので、それからずっと血糖値を下げることが気になっているし、食事にも気をつけるようになりました。

のんびりランニングで風邪予防と前向き思考を手に入れる

台風一過の空にひんやりした風が吹くと、またランニング日和がやってきます。

家事、育児、合間をぬってのパート仕事に追われ、なかなか自分の健康管理に時間を割けずにいましたが、数年前のお正月に一念発起して、毎朝家の近所を走り始めました。

とにかく無理をせず、苦しくなったらすぐにやめられるように、最初は家の隣の公園をぐるぐる回っていました。

はき古したスニーカーで走ったらすぐにヒザが痛くなってしまったので、靴だけは底のしっかりしたランニングシューズを購入しましたが、あとはできるだけお金も時間もかけず、5分でも10分でもとにかく毎朝走りました。

最初の頃は真っ暗で、ときどき雪が降ったりする中、外に出ていくのに勇気が要りましたが、そのうちにだんだん明るくなってきて、朝日の中を走るようになると、狭い公園を何周もするのに飽きて、自分なりのランニングコースを決めて走るようになりました。

夏の暑い間を除き、ほぼ毎日走り続けて数年経ってみると、この間インフルエンザに罹っておらず、発熱もなく、また以前はよく鼻風邪をこじらせて副鼻腔炎になっていたのが、

風邪をひいても数日で回復するようになっていました。

さらに、走っている間はネガティブな思考回路が働きにくいようで、坂道で呼吸に集中したり景色に見とれたりしているうちに、家の中では行き詰っていた問題の解決策を思いつくことがよくあります。

なので今では仕事やママ友関係で難題があると、積極的に走りに行くようになりました。